« 白の立場 | トップページ | ななあき君のアキハバラ奮闘記 »

2006年9月23日 (土)

大会レポ+α

今日も今日とて関東の某所で予選に参加
今日参加したところは参加者19名の6回戦。けっこう長丁場

 使用デッキ:黒タッチ白
「殺意の魔煙キラー」×2
「夢見る人形エリザベス」×2
「ローリング・ソーンズ」×3
「スパイク・ガールズ」×3
「真夜中の狩人ミュラー」×3
「見つめる人形アリッサ」×2
「愛撫の魔煙フェザー」×2
「イビルアイ・ドライバー」×3
「全知の魔鏡」×3
「ブラック・ホール」×1
「失恋の痛み」×2
「シャドー・ソウル」×1
「真夜中のダンスパーティー」×2
「呪われた手紙」×1
「冥界の門」×3
「水晶砦の魔女」×2
「花束を捧げる乙女」×3
「神々の雷」×2

 1回戦 不戦勝

 2回戦 VS黒単ビート ○
いきなりミラーっぽいの
最短で出した「全知の魔鏡」で攻めまくりでOK!OK!終盤でアゴニー出されたものの中央「ブラック・ホール」ラインに踏み込んできたが最後。「真夜中の狩人ミュラー」&「殺意の魔煙キラー」の黄金コンビで撃墜。返しの反撃で終了

 3回戦 VS黒単時計 ○
おっと、ここで大穴。ここまで勝ち残っていいたことに敬意を表す&尊敬する
このゲームのハンデス機関は基本的に1:1交換になっているため、こちらの手札が消費すれば向こうも消費する。残っててもそのほとんどがパワー1000のユニット。それを「呪われた手紙」などで補っていたようだが、基本パワーが上回っている&墓地回収機関があるため、完全にこちらが有利。しかも「貪欲時計デーモンガスト」こないわ、「終末時計ジ・エンド」出てこないわ、こりゃ勝たなきゃダメでしょって。結局「終末時計ジ・エンド」3体ならべられたものの、時すでに遅し

 4回戦 VS4色ラッキーストライク △
パァ、出た~。もっとも警戒していたラキスト
事前練習では勝ち越してたので、大丈夫かな~と思ってたら・・・、あれ、「冥界の門」?「愛撫の魔煙フェザー」?ラキストの弱点である押しの弱さを補うものかな~と思ってた。その時は気付かなかったが、これは対黒&ミラー用の、「シルバーワイズ・ドラゴン」を生かすための機関。見事にしてやられた
しかしこっちも負けてられない。ラキストと相性のいい「全知の魔鏡」を中心に攻める。そういう時にかぎって「センチネル・センチピード」とか出てこないわけで。これでかなり優位に立つが、ひとたび除去されるとやはり苦しい。「冥界の門」で吊り上げようにも、「シルバーワイズ・ドラゴン」をちらつかされてるため、出せない
結局時間切れで終了

 5回戦 VS緑黒ゴッドルドルフ ×
うぎゃ~!想定外だっつ~の
「失恋の痛み」かました時にはライカンバーストかな~と思ったら・・・、「それじゃ、「幻影王ルドルフ」プレイします」...ハァ?いや、無理。・・・と思ったら「呪われた手紙」出てきて「幻影王ルドルフ」は処分。そっから出てきてた「戦虎タイガーアイ」は「シャドー・ソウル」で処分。よっしゃ、これで脅威は過ぎ去った・・・、「「冥界の門」で「幻影王ルドルフ」を」...無・理!そのまま終了

 6回戦 VS緑赤フェアリー ○
想定外っちゃ想定外だけど、展開力が低いタイプは相性のいいので大丈夫かな~っと
案の定「誕生の宴」を優先してユニット展開は後回し。その間にこちらは体制を整える。「草笛を吹くフェアリー」出てきても「見つめる人形アリッサ」で処理。「銃弾に乗るフェアリー」がん出てきても、プランから「真夜中のダンスパーティー」出てきて除去。すべてがいい方向へ進んでいた

 総合 4勝1敗1分 3位

つか、この店2度と行かねぇ
ジャッジいないに等しいし、呼んでも5分以上かかるし。声小さいから参加者に全然伝わってない。時間終了しても気付かずに続けてるのいたし(これはプレイヤーのほうも悪いが)。終いは5回戦で終了しようとしたし(店側曰く、ドロップ出て人数少なくなってたから)
こんな大会運営のイロハも分からないようなところ、絶対にイカネェ

|

« 白の立場 | トップページ | ななあき君のアキハバラ奮闘記 »

雑談・お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135147/3552732

この記事へのトラックバック一覧です: 大会レポ+α:

« 白の立場 | トップページ | ななあき君のアキハバラ奮闘記 »