« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

下手したら最初で最後の・・・

CKアキバのGT予選参加してみました

使用デッキ:黒赤オシリスは天空竜のごとく(かなり即興なネーミング)

 <ユニット 52枚>
ナノナノ・プディング(友情)×4
子供の頃のククーシュカ(夢)×4
大橋智恵(夢)×4
アプリコット・桜庭(☆・夢)×4
風子(夢・希望)×4
パパ(希望・勇気)×4
羽瀬川拓人×4
エリカ・エル・ダクネイト(☆・夢)×4
日渡あや(☆)×4
オシリス×4
リク=ハイゼンベルク(根性)×4
ケルプ×4
猫谷海羽(夢・希望)×4

 <ストラテジー 8枚>
エンジェルスラップ×4
石鹸の記憶×4

最終結果:4戦2勝2敗

タイトルはアレだけど、要は【ケルプ(EB03)】をひたすら出すデッキ
【ケルプ(EB03)】を中心に据えた理由は、サイズや移動の広さはもちろん、【羽瀬川拓人(EB03)】を加えたリアニメイトのしやすさでした
その【羽瀬川拓人(EB03)】も【オシリス(EB03)】でサルベージできるので、【石鹸の記憶(EB03)】も加えてかなり出しやすかったです(というか、【ケルプ(EB03)】素出ししてなかったかも・・・)
場合によっては【日渡あや(EB03)】でいきなり動き出すこともw

速度は中速
緑系ファッティにも黒系ウィニーにも振り回されない作りにしたつもりです
ウィニー当たらなかったですけど・・・
というか、4人中3人緑系・・・
時代はまだまだファッティのようです

つか、敗因は間違いなく勇気」の少なさ
気づいたら【パパ(EB03)】しか入ってなく、しかも結局使わなかったような・・・(半分忘れてたし)
自分ターンで敵を対処しきれず、相手ターンで一方的に攻められた場面がけっこうあったので、やっぱ「勇気」は重要ですね
「才気」も【佐久間榮太郎(EB03)】すら見かけなかったし
「希望」になぜか拘りすぎたのも敗因かも

でもまあ、【ケルプ(EB03)】が有効だったことには変わりないので、基本はこんな感じでいいのかな~とか思ってます
事故も少なく、けっこう安定してましたし
次にGT予選参加する機会が万が一あれば、こんな感じのデッキで参加すると思います

ちなみに、この大会に絶対領域代表わたる氏も参加していたのですが、そちらは権利獲得したようです
ブロッコリー1.0環境で
インド人もびっくりだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

さぁ始まるザマス、行くでガンス、フンガー

 泉こなた
ユニット 色:白 LV4 移動:←↑→ BP:4500 SP:1500 KD コンプティーク │陵桜学園 ♀ らき☆すた│
【まだ、やる気なの?】
●勇気5000
コンプティーク9月号付録

地味に、同名カードで☆無なのに2種類カードがあるのは、今のところこなたとかがみだけです
以前のPRこなたは「夢」を持っていたのに対し、こちらは「勇気」を持っています
今のところは「夢」こなたの方が使いやすいですが、はてさてどうなることやら・・・
ちなみにこなたは格闘技経験者であるらしいが、何の格闘技かは不明なのだか(ぱっと見空手のようにも思えるけど・・・)

 柊かがみ
ユニット 色:白 LV6 移動:←↑→ BP:6500 SP:1500 KD コンプティーク │陵桜学園 ♀ らき☆すた│
【ピッピロ、ぴー♪】
●希望:敵1枚まで選び、山札の一番下に戻す。
コンプエース10月号付録

白版【レイフォン・ヴォルフシュテイン・アルセイフ(TDG)】
こちらもレベル指定なく、どんな敵でも選べます
パワーも高いので、なかなか使い勝手がよさそうです
ところでこれ、小学生時代のかがみ?
原作よく知らないから分からない

 柊かがみ
ユニット 色:白 LV6 移動:←↑→ BP:4000 SP:1000 KD コンプティーク │陵桜学園 ♀ らき☆すた│
【気晴らしにパーっと遊びに行くかーっ】
●相手ターンの間、このカードのBPを+3000
●夢
●信頼
らき☆すたかっぷ参加賞

相手ターンではBP7000という、【茉莉とアナ(MW02)】も裸足で逃げ出す大型ユニットに変身するかがみん
「夢」もついてるし、正直強いです
よっぽどのことがないかぎり、白の必須カードとなるのでは
3つ目の能力は、白いし、たぶん「信頼」かなやっぱり信頼でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新弾どうですか~?

だいたいのお店は今日(金曜)に販売されてましたね
何って?

D-0新エキスパンション「新世界の呼声

噂では、正午なるかならないかまでに秋葉原のあらゆる店舗からシングルのシルバーレアが消えたとか・・・
特に【破壊竜シェンツォウ乱舞のアウリガ】はもうどこにもないらしいですよ
当たった人は大切に持っておきましょう

個人的に注目は【深淵竜バブルドレイク
通常コストは少し高いものの、たった1エネで手札に戻ることができます
しかも同じターン中なら4コストも少なくプレイできます
これの何がすごいかというと、「除去への耐性」と「迎撃要因に大変身」です
「除去への耐性」は、除去に対して効果を使えば、除去を回避できるということ
「迎撃要因に大変身」というのは、効果でバウンスしたそれを、そのまま敵ユニットの迎撃要因にしてしまうということ
特にこちらはプランからプレイした時にものすご~く便利な場面が必ずあるはずです
パワーも7000と高いので、入れておいて損はさせないはずです
同じ理由で【シェル・ドーニー】もオススメです

あと、闘気があると移動青1の6500が暴れまわる【ギガント・シャーク】もけっこうやり手かと思います
今回も青はおもしろいこと尽くめですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

ひさびさの大会参加

なんだか、最近やたらとアクセス数が伸びています
理由は何かな~と思って調べてみたら・・・

剣闘獣

でした(検索ワード)
んであのデッキなんですけど、いろいろ改良点があったので、修正しておきます
説明のところでも、明らかにおかしいところもあったので

さて、今回はCKアキバで行われた、遊戯王非公認大会に参加してきました
ちなみに、主催はゲマ店員のKさん
参加者8人で、子供も混じってたので、前の晩調整したばかりのヴェノムデッキで挑んでみました

 1回戦 バーンデッキ ×
例の子供でした
やけに防戦一方だな~と思っていたら、おもむろに【デス・メテオ】
さらに次のターンに【昼夜の大火事】とか撃ってきたので、こりゃバーン決定だなということに
んで、試しに裏守備に攻撃してみたら、案の定【デス・コアラ】
絶対そうだろうと思っていたので、減らせるだけ手札減らしてから攻撃しといてよかった~
というわけで、鋭い洞察力(自分で言うな)で次々と相手モンスターを蹴散らしてゆくボク
相手モンスターがいなくなってきたところで、必殺の【毒蛇神ヴェノミナーガ】!!
墓地にはたっぷりと爬虫類族、これは絶対に倒せないぞ~という自信を持って攻撃!!

 ディメンション・ウォール

ちーん・・・
ちくしょー、【ヴェノミナーガ】自身に効果及ぼしてねーよ・・・
逆転負け

 2回戦 Dライダー ×
前とはうって変わって大人の人と対戦
なんかカード出すたびに変な腕の動きさせてたっけなぁ・・・
最初のターンで【増援】から【D-HEROディスクガイ】
とりあえず様子見してたら、次のターンで【マジック・ストライカー】から【光と闇の竜】が・・・
なるほど、そういう空気読んでないデッキか・・・
ATK1800になったところで【ヴェノム・コブラ】で耐えようと思うも、自らモンスター召喚→【サイクロン】→【激流葬】でフィールドを一掃(さらに【ライダー】効果で【ディスク】蘇生)
唯一の頼みの綱だった【ヴェノム・スワンプ】も【大嵐】で破壊され、さらに2体目の【ライダー】
もうどうしようもなくなり負け

 3回戦 グッドスタッフ? ○
たぶん中学生
カード出すたびに、どんな効果か聞いてきたので、経験浅かったのかな
早い内から【ヴェノミナーガ】出して押し切り勝ち
それにしても、とても礼儀正しい純粋無垢な少年だった
中高生プレイヤーが、みんながみんなこんなだったらいいのに・・・

というわけで、3戦1勝2敗と負け越し
正直、もうちょっとイケるかな~と思ったんだけど・・・
ちなみに優勝はガジェらしい
・・・もはやノーコメント

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月24日 (火)

やべ、すごいんですけど・・・!

公式HPにて、P-Rのイメージソングが発表されました
タイトルはその名も「REVOLUTION -超革命-
歌うは、あの「
佐藤ひろ美」さんです

すげぇ、マジすげぇ!蝶すげぇ!!
ゲーマーズRADIOとかで強いコネ持ってたとはいえ、まさかここで使ってくるとは・・・
TOP見て、明坂さんが歌うと思ったのはナイショ

ところで、計画のところにあった「turbo type S」って、やっぱり「REVOLUTION」繋がりなんですかね・・・
Sが「”S”ato」のSなら、なおさら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

後は任せた!任せとけ!剣闘獣の強襲デッキ

今日、正確に言うと昨日は遊戯王エキスパンション「GLADIATOR'S ASSAULT」の発売日でしたね
さっそくですが、今回の目玉のひとつである「剣闘獣」を使ったデッキを今回は公開します

「剣闘獣」のシステムを簡単に説明すると、戦闘を行うたびにデッキの別の剣闘獣と入れ替わります
その際に、攻撃力が上がったり、モンスターを破壊できたりと、剣闘獣によってさまざまな効果が発動します
今までのモンスターと違い、ただいるだけでは効果が発動しない!
発動したければ戦え!戦え!戦って勝ってください!
なんともらしい戦い方ができる、それが剣闘獣なのです

ちなみにタイトルの「剣闘獣の強襲」というのは、エキスパンションタイトルの日本語訳「剣闘士の強襲」を文字ってつけてみました

 <モンスター 24枚>
剣闘獣アレクサンデル(GLAS:☆6)×2
剣闘獣スパルティクス(GLAS:☆5)×2
剣闘獣ムルミロ(GLAS:☆3)×3
剣闘獣ベストロウリィ(GLAS:☆4)×3
剣闘獣ラクエル(GLAS:☆4)×2
剣闘獣ホプロムス(GLAS:☆4)×3
剣闘獣ディカエリィ(GLAS:☆4)×3
剣闘獣セクトル(GLAS:☆4)×3
スレイブ・エイプ(GLAS:☆2)×3

 <魔法 10枚>
大嵐(BE2・ドラゴンの力etc:制限)×1
早すぎた埋葬(BE1・ドラゴンの力etc:制限)×1
テラ・フォーミング(EE1・閃光の波動)×1
剣闘獣の檻-コロッセウム(GLAS)×3
剣闘獣の闘器マニカ(GLAS)×2
休息する剣闘獣(GLAS)×2

 <罠 6枚>
リビングデッドの呼び声(BE1・ドラゴンの力etc:制限)×1
聖なるバリア-ミラー・フォース(BE2:制限)×1
破壊輪(プロモ:制限)×1
和睦の使者(守護神の砦)×3

 <融合 6枚>
剣闘獣ゲオルディアス(GLAS:☆7)×3
剣闘獣ヘラクレイノス(GLAS:☆8)×3

必要なカードの大半がGLASで手に入る上に、それ以外もほとんどがストラクチャーデッキなどで手に入ります
なので意外とデッキが作りやすいのも特徴のひとつです

●とにもかくにもバトル!戦えば戦うほど強くなる!
前述の通り、剣闘獣はバトルしなければいかなる効果も発動しません
なので、積極的にバトルを仕掛けましょう
この時狙い目なのが、守備表示モンスターです
相手の守備力が高くて倒せなくても、戦闘を行ったことには変わりはないので、効果は発動します
もし倒せなくても、【剣闘獣ムルミロ】を出して除去してしまいましょう

剣闘獣ムルミロ
星3/水属性/魚族/攻 800/守 400
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚に成功した時、フィールド上の表側表示モンスター1体を破壊する。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをデッキに戻す事で、デッキから「剣闘獣ムルミロ」以外の
「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

魔法耐性を持つ【剣闘獣アレクサンデル】を出して、次のターンに備えるのもいいでしょう(ただし【剣闘獣アレクサンデル】は【剣闘獣ディカエリィ】からしか出せません)

剣闘獣アレクサンデル
星6/光属性/獣族/攻2400/守 600
「剣闘獣ディカエリィ」以外の効果によって、このカードを
特殊召喚する事はできない。特殊召喚されたこのカードは
自分フィールド上に表側表示で存在する限り、魔法の効果を受けない。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをデッキに戻す事で、デッキから「剣闘獣アレクサンデル」以外の
「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

剣闘獣ディカエリィ
星4/地属性/獣族/攻1600/守1200
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚に成功した場合、このカードは1度のバトルフェイズ中に
2回攻撃をする事ができる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをデッキに戻す事で、デッキから「剣闘獣ディカエリィ」以外の
「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

また入れ替えを繰り返せば【剣闘獣の檻-コロッセウム】で剣闘獣はどんどん強くなるのも忘れてはなりません

剣闘獣の檻-コロッセウム
フィールド魔法
モンスターがデッキからフィールド上に特殊召喚される度に、
このカードにカウンターを1つ置く。
フィールド上に表側表示で存在する「剣闘獣」と名のついたモンスターは、
このカードに乗っているカウンター1つにつき、
攻撃力と守備力が100ポイントアップする。
このカードがカードの効果によって破壊される時、
手札から「剣闘獣の檻-コロッセウム」1枚を捨てる事でこのカードは破壊されない。

「戦えば戦うほど強くなる」は、実は言い過ぎではないのです!
ちなみに【剣闘獣の檻-コロッセウム】は、剣闘獣以外が特殊召喚されてもカウンターが乗ります
相手が特殊召喚しても乗ります

●大事な第一手!簡単&超絶コンボの幕開けだ!!まずやることは?
まずは【剣闘獣ホプロムス】をセットです

剣闘獣ホプロムス
星4/地属性/岩石族/攻 700/守2100
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚に成功した場合、このカードの元々の守備力は2400になる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをデッキに戻す事で、デッキから「剣闘獣ホプロムス」以外の
「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

効果を使わずともDEF2100と、あの【サイバー・ドラゴン】の攻撃でさえ耐えられます
もし手札になかったら、適当な剣闘獣と【和睦の使者】でも大丈夫です

和睦の使者
通常罠
このカードを発動したターン、相手モンスターから受ける
全ての戦闘ダメージを0にする。
このターン自分モンスターは戦闘によっては破壊されない。

相手が攻撃してきたら、効果で【剣闘獣セクトル】を出します

剣闘獣セクトル
星4/風属性/爬虫類族/攻 400/守 300
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚に成功した場合、このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ
終了時に、デッキから「剣闘獣セクトル」以外の「剣闘獣」と
名のついたモンスター2体を自分フィールド上に特殊召喚する。

次の自分のターンで【和睦の使者】か【剣闘獣の闘器マニカ】を発動して、【剣闘獣セクトル】で攻撃します

剣闘獣の闘器マニカ
装備魔法
「剣闘獣」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
このカードを装備している限り、装備モンスターは
戦闘によっては破壊されない(ダメージ計算は適用する)。
装備モンスターが自分フィールド上からデッキに戻る事によって
このカードが墓地へ送られた時、このカードを手札に戻す

そして【剣闘獣セクトル】の効果で【剣闘獣ラクエル】を含む剣闘獣2体を特殊召喚します(残り1体は【剣闘獣ムルミロ】か【剣闘獣ベストロウリィ】あたりが妥当です)

剣闘獣ラクエル
星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 400
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚に成功した場合、このカードの元々の攻撃力は2100になる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをデッキに戻す事で、デッキから「剣闘獣ラクエル」以外の
「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

剣闘獣ベストロウリィ
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守 800
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって
特殊召喚に成功した時、フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードをデッキに戻す事で、デッキから
「剣闘獣ベストロウリィ」以外の「剣闘獣」と名のついた
モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

最後にフィールドに揃った3体の剣闘獣をコンタクト(?)融合して【剣闘獣ヘラクレイノス】を出せば、コンボは完成です!

剣闘獣ヘラクレイノス
星8/炎属性/獣戦士族/攻3000/守2800
「剣闘獣ラクエル」+「剣闘獣」と名のついたモンスター×2
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、手札を1枚
捨てる事で魔法または罠カードの発動を無効にし、それを破壊する。

さて、ここで今までの流れを振り返ってみてください
ここまでで実際に使った手札は、実質【剣闘獣ホプロムス】と【剣闘獣の闘器マニカ】or【和睦の使者】の2枚だけなのです!(状況によっては+αがありましたが・・・)
必要なパーツがこれだけで、あっという間にATK3000のモンスターが出せてしまいました
しかも手札を全然使っていないので、【剣闘獣ヘラクレイノス】の効果も使いやすくなります
もちろん相手の行動次第では難しいことですが、覚えておけば間違いなく相手の顔色は変わるでしょう

●採用を見送ったカード
最初は【王宮のお触れ】を入れるつもりでした

王宮のお触れ
永続罠
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカード以外の罠カードの効果を無効にする。

罠を封じるよりも、戦闘から剣闘獣を守った方がヴァリアブルであることが分かったので、やはりこちらに変更しました
また「お触れがあるから、こっちも安心して攻撃できる」と思われてしまうのも痛かったです

●剣闘獣デッキは、最初からクライマックスだぜ!
今まで説明してきたとおり、剣闘獣デッキは序盤から派手な動きができます
「沸かせたもん勝ち」なところもあるので、相手の妨害など恐れずに、積極的に動いていきましょう
というか、守りに回ったら色々な意味で負けです
さあみんな、ガンガンいこうぜ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

8/5はBCC

かれこれ、もう何回目になるんでしょうね
思えばBCCは絶対領域との出会いの場でもあったので、私にとっては思い出深いイベントだったりします

さて、今回BCCなんですけど・・・、

D-0が無い!

あれ、どうしちゃったんですか!!??
もしかして、前回中の人が空気読まずに勝っちゃったから中止??
それとも、カジュアルイベントはP-Rに人取られすぎるから、やってけないとか
なんにしても、大々的にカジュアルイベントができるこういう機会にやらないというのは、完全ガチの方面で進んでいるのでしょうか・・・
それって、ものすごく問題だと思うんですけど

ただ単に、まだ企画中なだけだったりしてw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D-0新カード

今回の公表は、カード評価などを書き込めるようになっています
なにげに前回分も同じ形式に
でも、どうやったら2種類のカードを見分けられるのかが分かりません・・・
情報求ム

なにげに久しぶりなD-0の話題でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

訴求文だってさ

アキバOSさんにて、こんな記事がありました

アキバだけでなく、どこでも言えるんじゃないかな~と思うので、皆さんもちょっと思い返してみてください
私からもいろいろ言いたいことがあるのですが、ここでは敢えて多くを語りません
とりあえず、視線を45°下ではなく、正面を見て歩くことからはじめましょう
まずは周りを見ることから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

作品単

CKアキバにて、8/11に「P-R作品単大会」が行われます
そもそものきっかけが、MW&EBが発売された時に、Kさんがらぶドルデッキを作っていたのを見て、店長さんが「見た目の統一感があって、いいな」と言ったことでした
覚えている人も多いでしょうが、P-Rはひとつの作品だけでも戦えるように考えて作られています
行われるべくして行われる大会といえるでしょう
というわけで今回は、作品ごとの代表カードや戦術などを考察していきます

・デ・ジ・キャラット
<代表カード>
・デ・ジ・キャラット(R)
・リク=ハイゼンベルク
・目からビーム
 なにげにパワー押しが得意な、パンプデッキです

 【ラ・ビ・アン・ローズ(BR01)】や【ピョコラ=アナローグⅢ世(BR01)】や、デッキのユニット全体を強化できる【デ・ジ・キャラット(BR01・U)】など
 そのくせ【ゲマ(BR01)】などのように軽量ユニットがあったり、【クウ=エアハルト(BR01)】のようないやらしいユニットもあったりします
 うまく作れば、スライデッキ(毎ターンすべてのエネルギーを使い切ることを目的とした、マナカーブ重視のデッキ)のようなデッキが作れるかもしれません

・ギャラクシーエンジェル(GA)
<代表的なカード>
・烏丸ちとせ
・シャープシューター
・エンジェルスラップ

 注意したいのが、GAとGAⅡは別作品として扱うこと
 一緒に【アプリコット・桜庭(BR01)】などを入れないように
 今挙げた以外でも【ミルフィーユ・桜庭(BR01)】や【タクト・マイヤーズ(BR01)】など、強力カードは満載です
 なのでコンボで戦うよりは、単体で戦うグッドスタッフのようなかたちになりそうです
 それだけ手札が重要になるので、黒の手札破壊には警戒が必要です

・ギャラクシーエンジェルⅡ(GAⅡ)
<代表的なカード>
・アプリコット・桜庭
・スペルキャスター
・リリィ・C・シャーベット

 比較的「友情」が多いだけでなく、それらを底上げできる【リリィ・C・シャーベット(BR01)】もいるため、友情パンプデッキとなりそうです
 しかし敵軍ユニット除去が【アプリコット・桜庭(BR01)】に頼らざるを得ないようなものなので、「勇気」などをうまく使っていかないと苦しいかもしれません

・苺ましまろ
<代表カード>
・茉莉とアナ
・松岡美羽(R)
・5です

 「夢」が若干少ない感はありますが、それを補える【5です(MW02)】があるため、運次第ではそれほど困らないかもしれません
 また「夢」ユニットでは最強クラスの【茉莉とアナ(MW02)】もいるため、あなどれません
 【伊藤信恵(MW02)】とかもダークフォース

・かしまし
<代表カード>
・大佛はずむ(R)
・神泉やす菜(R)
・ジャン・プウ

 効果が強力が多いのが特徴です
 しかし単体ではその効果すら発揮しないカードもあり、事故率はかなり高いかと思われます
 特にはずむきゅんや【神泉やす菜(MW02・R)】がいる時の【来栖とまり(MW02・U)】とか、完全エンドカードとなりそうです

・ぴたテン
<代表カード>
・樋口湖太郎
・白衣の美紗
・天使試験

 とにかく【天使試験(MW02)】が際立ちます
 これの使いどころが勝負を分けると言っても過言ではないでしょう
 また全体パンプカードである【白衣の美紗(MW02)】や、状況によっては単体でも強力な【樋口湖太郎(MW02)】など、なにげに強力なカードが満載です
 除去あり、パワー押しありの、柔軟な戦い方ができそうです
 同名カードがありそうでないのも特徴かも?

Venus Versus Virus
<代表的なカード>
・名橋ルチア(R)
・鷹花スミレ(U)
・ガイ

 特に主人公コンビの☆ユニットが光ります
 LV5になれば他の追随を許さない構成となるでしょう
 しかしその分ストラテジーやトラップは頼りない感が否めません
 【苑果(MW02)】が黒光りしそうで、恐いです・・・

・DearS
<代表カード>
・幾原晴海
・レン
・芳峰蜜香

 なんといっても【レン(MW02)】が強力!
 【インストール(MW02)】や【幾原晴海(MW02)】で、少しでも早く使えるようにしたいところです
 【ミゥ(MW02)】や【ねね子ブリーッジ!!(MW02)】など、敵エリアにも干渉しやすいのも特徴です
 しかし全体的にパワー不足のような・・・
 前言撤回するようですが、早め早めに攻めて【復活ー!!(MW02)】でキメる戦術のほうがいいかもしれません

・吉永さん家のガーゴイル
<代表カード>
・吉永双葉
・石鹸の記憶
・小野寺さん家の名番犬

 前評判は一番の、優勝候補
 アドの塊である【ガーゴイル(EB03)】や全体強化の【吉永双葉(EB03)】、サルベージ&リアニメイトの【石鹸の記憶】や使いやすい【ドロップキック】、強力トラップ【小野寺さん家の名番犬(EB03)】など、いくら挙げてもキリがありません
 エネルギー加速以外は基本なんでもできちゃうデッキになるでしょう

・ぺとぺとさん
<代表カード>
・真壁ぬりえ
・沙原くぐる
・ぺとっ

 けっこう単体でも優秀なカードが揃っています
 【大橋真吾(EB03)】をうまく使えばけっこういけそうです
 【ふたりでお風呂(EB03)】の使いどころもキーポイントとなりそうです
 あとは【藤村鳩子(EB03)】のデメリットにさえ気をつければ・・・

・まじしゃんず・あかでみぃ
<代表カード>
・羽瀬川鈴果
・エーネウス・ザ・ヴァージェスト
・人外魔境

 黄てさんはぜったいこれのはず
 「夢」がかなり多いため、安定性は高いでしょう
 黒の割には除去能力が多少低めなので注意しましょう
 【タナロット(EB03)】をうまく使いこなせれば、十分優勝の可能性はあると思います
 このデッキではほとんどのユニットをリアニメイトできる【羽瀬川拓人(EB03)】もイチオシ

・らぶドル
<代表カード>
・日渡あや
・片桐沙有紀
・SFS最初にして最大の伝説

 人気はおそらくNo.1
 やっぱり西又氏だから?
 「才気」だらけなので、特にコンボデッキにはメタとなる
 コンボよりも単体で戦えるので、グッドスタッフ型
 なにげに平均パワーが高かったりする(特に相手の手札が少ない時)

Duel Dolls
<代表カード>
・水着の静紅
・エリカ・エル・ダグネイト
・カナミ・シャーロット

 ぶっちゃけ、【エリカ・エル・ダグネイト(EB03)】のためだけに使いたくなる衝動に駆られる
 また【カナミ・シャーロット(BE03)】による爆発力も侮れません
 ただし、「気合」が多いのが正直辛いかもしれません・・・
 ご利用は計画的に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

なんだかんだで

P-Rも経験がモノを云うようです
HIROKIさんのデッキ見て、そう思いましたわ
これは正直すごいバランスだと思いました
単独トップ優勝も納得です
それにしても、緑ファッティは人気のようです
リリースインユニットに相性最悪なのに・・・
私の予想では、もう今月中にも緑ファッティでは勝てない環境ができあがるかと思います
週末が楽しみであります
公式HPでも予選通過者デッキレシピ出ないかな~

恒例の「今日の買い物」
 ・風帝ライザー ¥100 ×2
 ・E・HEROアナザー・ネオス ¥100 ×2

相変わらずすごい値段設定だ・・・
スーパー一律¥100とか、ヤバすぎるって
もうちょっと相場見て値段付けようぜ
いや、そしたらこっちが困るかw

んでは、スパロボに戻ります
一昨日、ようやくOG2に突入

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

メタ回ったぽ

「緑決意ファッティ」→「赤黒リリースイン」→「黒ハンデスコントロール」→(最初に戻る)

たぶん、こんな感じ
明日(正確に言うと今日)、レヴォ部で試してみる予定です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

やっぱ緑単強いって・・・

昨日UPした緑単、かなりヤバいですわ
すでに手加えてありますが・・・

んで、次はそれに勝てるデッキ
黒タッチ赤のサルベージデッキを模索していますが、イマイチ
なんかもう少しって感じはするんですけどね
スパロボOGs一時中断して、一所懸命です

それにしても、【羽瀬川鈴穂(EB03)】&【羽瀬川鈴果(EB03)】は強いですね
これがあるからこそ、サルベージデッキが成り立っているような気がします
しかも【羽瀬川鈴穂(EB03)】は【オシリス(EB03)】でサルベージ可能なので、さらにしつこいことに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

緑単「夢&決意ビートダウン」

本日の買い物
 ・なし
残念・・・

アナ・コッポラ(MW02)】(夢・決意)×4
植松小星(MW02)】×4
御手洗薫(MW02)】(夢・決意)×4
ジャン・プゥ(MW02)】(夢)×4
ミゥ(MW02)】(☆・夢)×3
フレシアンテ(MW02)】(夢・勇気)×4
鷹花スミレ(MW02・☆)】(☆・夢)×4
神楽やす菜(MW02・☆)】(☆)×4
ガイ(MW02)】(夢・決意)×4
幾原晴海(MW02)】(夢・元気)×3
天使になった美紗(MW02)】(夢・希望)×4
レン(MW02)】(☆・夢)×4
千佳と美羽(MW02)】×2
早紗(MW02)】(夢)×4
芳峰蜜香(MW02)】(夢・決意)×4
茉莉とアナ(MW02)】(夢・信頼)×4

今回のデッキは、もう相当話題になっているのではないでしょうか
動きを簡単に言うと、エネルギー加速してユニットを大量展開するデッキです
そこに「決意」を加えることにより、実質2倍の展開力が実現できました
ウィニーのような展開力、ファッティのような規模
ある意味最も単純なデッキかもしれません
しかし単純だからこそ強力なこともあるのです
エンジェルスラップ(BR01)】ごときでは全く動じない、脅威のサイズ&展開力がここに!

デッキの動きは先にも述べたことにさらに補足すると、プランからユニットをただひたすら出すだけです
基本的に手札は使いません
使うとしたら、エネルギーに置くのと、「夢」のない【植松小星(MW02)】と【神楽やす菜(MW02・☆)】を出すこと、【フレシアンテ(MW02)】で「勇気」を使うぐらいです
なんせ、「夢」付きのカードが実に50枚!
プラン成功確率が約83%!
さらに内「決意」が16枚!
この展開力には、さすがの除去コントロールも追いつかないでしょう

ただ、このデッキはまだ研究段階です
実験的に【神楽やす菜(MW02・☆)】や【千佳と美羽(MW02)】が入っていたり、【松岡美羽(MW02・☆)】や【名橋ルチア(MW02)】などの投入も考えています
しかし、まず間違いなく、このデッキタイプが現在のメタなので、まずはこのデッキをなんとかしなければなりません
メタ研究は、まだまだはじまったばかりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »