« ブリューナク | トップページ | デッキレシピ上げるのは、時間かかるから面倒 »

2008年3月22日 (土)

チョップひとつで大惨事!ネオスの怒りデッキ

 <上級モンスター 3枚>
E・HERO ネオス ×3

 <下級モンスター 12枚>
E・HERO アナザー・ネオス ×3
E・HERO エアーマン(制限) ×1
ネオスペース・コンダクター ×3
E・HERO プリズマー ×3
スナイプストーカー(制限) ×1
N・グラン・モール(制限) ×1

 <魔法 20枚>
大嵐(制限) ×1
O-オーバーソウル ×1
思い出のブランコ ×3
サイクロン(制限) ×1
死者蘇生(制限) ×1
生還の宝札 ×3
増援(準制限) ×2
ネオスペース ×1
早すぎた埋葬(制限) ×1
ライトニング・ボルテックス ×1
ラス・オブ・ネオス ×3

 <罠 5枚>
激流葬(制限) ×1
正統なる血統 ×3
聖なるバリア -ミラーフォース-(制限) ×1

 <エキストラデッキ>
E・HERO グラン・ネオス
あとネオスを使った融合モンスター適当に

●チョップひとつで戦争起きるとか、どんだけ~
とにかく《ラス・オブ・ネオス》を使うことに特化したデッキ
《E・HERO ネオス》を出しまくると同時に、擬似的にネオスを作り出すことも行っている
というわけで、このデッキは大きく分けて2つの重要ポイントがある
まずはそこから説明してゆこう

●ネオスになる人々
《E・HERO アナザー・ネオス》は、主力として活躍できるだけでなく、うまくいけば「ネオス」になれるので、《ラス・オブ・ネオス》の発動を手伝ってくれる
墓地では通常モンスターという点を生かして《思い出のブランコ》から特殊召喚、再度召喚して「ネオス」になり、《ラス・オブ・ネオス》というパターンも有効
この場合だと、《思い出のブランコ》のデメリットも気にならない

《E・HERO プリズマー》は、《E・HERO アナザー・ネオス》よりも「ネオス」になりやすい
これにはデッキに《E・HERO ネオス》があることが条件だが、逆を言えばデッキから《E・HERO ネオス》を墓地に送ることができる
《E・HERO プリズマー》効果→《ラス・オブ・ネオス》→《O-オーバーソウル》などで《E・HERO ネオス》特殊召喚→攻撃が理想パターン
また「ネオス」がいる時に《N・グラン・モール》になることによって、《E・HERO グラン・ネオス》を出せることも忘れてはならない
ただし《E・HERO ネオス》を融合素材とした融合モンスターがエキストラデッキになければ効果を使えないので、用意するのを忘れないように!

●ゾンビネオス
そもそもこのデッキの原型は、私の友人の「ゾンビネオス」というデッキだったりします
これはネオスを特に墓地から特殊召喚しまくるというデッキでした
《生還の宝札》入ってるとか、なるほどと思いました
デッキの構成を考えている段階で、そのデッキと非常に相性がよさそうということで、アイデアをいただきました
ありがとう、シルフィくん

デッキレシピを見ても分かるとおり、《E・HERO ネオス》は他と比べても墓地からの特殊召喚手段が多い
この他にも《黙する死者》や《蘇りし魂》などが候補に挙げられる
そしてそこの《生還の宝札》が加わることによって、ドロー加速までできる
強力なモンスターを展開しながら、ドローまでできてしまう
しかも《生還の宝札》が2枚以上発動していようものなら、アドバンテージまで取れる可能性まで出てくる
キーカードである《ラス・オブ・ネオス》を手札に加えたり、それの下準備を整えるのに大いに活躍してくれるであろう

●ちょっと意識してみた
《ネオスペース》を入れたのには意味がある
基本的には《E・HERO ネオス》の攻撃力に頼っているので、それを上回れると辛い
そこで入れてみたのが《ネオスペース》だった

《E・HERO ネオス》の攻撃力を上回るモンスターはそうそう出てこないだろうと今までは思われてきたが、《混沌の黒魔術師》や《ダーク・アームド・ドラゴン》、《裁きの龍》など、最近では強力なモンスターがいとも簡単に出てくる
しかもそれらは出たときに、場のカードを荒らしつくす可能性も秘めている
よって自分の場が空の状態からそれらを対処しなければならないこともしばしば(そもそもターンが回ってこない可能性も・・・)
なので、墓地からの回収がしやすい《ネオスペース》を採用してみた
攻撃力が3000ともなれば、それこそそうそう超えられることはない
さらにE・HERO グラン・ネオス》も格段に使いやすくなる

●それにしても高い
気付くとエアーマンとかプリズマーとか、高いカードばかりに
というわけで、それらの代用となるカードを紹介

・プリズマー → 《おろかな埋葬》、《ヒーロー・マスク
《おろかな埋葬》はネオスを墓地に送る要因として
ただしこのカード自体では「ネオス」は作れない
《ヒーロー・マスク》はどんなモンスターにでもプリズマーと同様の効果を持たせることができる
ただし対象とするモンスターとセットで使わなければならないので、プリズマーのように手軽には使えない

・エアーマン → なくてもいい
正直、エアーマンはなくてもいい
E-エマージェンシーコール》でもいいし、いっそまったく別のカードを入れてもいい
ただし、アタッカー&サーチャーor魔法・罠除去と汎用性が非常に高いこのカードの代役は、残念ながらそうそうないだろう

・ラスオブネオス → 絶対必要
デッキのテーマなので、これは代用がきかない
このデッキを使いたかったら、がんばって集めるしかない

|

« ブリューナク | トップページ | デッキレシピ上げるのは、時間かかるから面倒 »

【遊戯王】デッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135147/11664249

この記事へのトラックバック一覧です: チョップひとつで大惨事!ネオスの怒りデッキ:

« ブリューナク | トップページ | デッキレシピ上げるのは、時間かかるから面倒 »