経済・政治・国際

2007年12月22日 (土)

ななあきの政Ⅰ

皆さんは政治に興味がありますか?

たぶん、10人中9人以上が「ない」と答えるでしょう
しかし政治というものは我々の生活そのものなのです
新しい法ができたら、それに従わなければならないのですから
それなのに、興味がない、知らないでいいのでしょうか?

勘違いしてほしくないのは、今回の話は政治についての話ではありません
いや、厳密に言うとそうなんですが・・・
今回の話は、なんで日本国民は政治に興味が持てないのかです

そもそも、政治とは何か?
簡単に言うと、国を動かす活動のことです
例えば法案を出したり、それを決議したり、施設を作ったりetc...
ある意味では、国民の税金を運用してゆく機関だと思ってもいいかもしれません
だからよく政治は、日本という名の企業における仕事に例えられます

ところが、日本という企業は納税義務という名の支払いを強制して収入を得ているにも関わらず、なぜか借金ばかりが増えてゆきます
通常の企業ならば、資金を増やすために運用するのが普通、というよりも当たり前、というよりもそうしなければいけないのにも関わらず、です
そんな企業にもなっていないような企業が日本という国なのです
恐ろしいことに、日本の格付け(ここでは、債務の返済能力のことを指します)は先進国では最低だそうです
具体的にどのくらい借金を抱えているかは敢えてリンクは貼りませんが、興味がある人は「借金時計」あたりで検索してみるといいでしょう

ここで国民が思うことは「政治家はいったい何をしたらこんなに借金を作れるんだ?」となるでしょう
これについてはニュースでもよくやっているように、ムダ使いなどが主なようです
これは余計な施設を作るだけでなく、その作り方にも問題があります
難しい話になるのでここでは話しませんが、正当とは言えない様なお金の流れがあって、このようなことが起きているわけです
私腹を肥やすため、国の借金を作る
そんなお金のダメな使い方にまず、政治への不満が生まれたのではないでしょうか

もうひとつが、議員それぞれがよく纏うある雰囲気
テレビで討論する議員たちは、なぜか皆ある特徴があります
それは「勝手に発言したがる」ということです
他の議員だけでなく出演者が発言しているにも関わらず、横から口を出す
おかげで視聴者はそれぞれが何を言っているのかさっぱり分からないということが多々あります
今日もみのさんの特番で生討論が行われていたのですが、そのような場面がたびたびありました
司会のみのさんも、フリップを取り出したりするためにカメラを自分に向けさせる際、その都度声を荒げていました
下手したら、小学校のホームルームよりも酷いんじゃないでしょうか
これを見ていると、議会で水をぶっかけたり、取っ組み合いになるのも納得できてしまいます

これはよく言えばワンマン、悪く言えば自分勝手ということでしょうか
足の引っ張り合いばかりしているのだから、そうしなければ生き残っていけないということでしょうが、それを国民に向けてほしくない!
つまり、演説ないしで自分の意見を一方的に伝えるだけの、上から目線でばかり話しているわけです
政治家という肩書きだけで、「あれをああするから、オレに票を入れろ!日本はオレが良くしてやる」とか言われて、信用できるわけがない!
大小関係なく、どことなく漂う傲慢な雰囲気に、国民は不信感を抱いているのではないでしょうか

ここまでは政治の悪い部分ばかりを挙げてきましたが、今度はその逆を挙げましょう
ズバリ、東国原知事です
彼は元芸能人というスキルを活かしてか、さまざまな番組に出演して宮崎の名産などをPRしてきました
また自分がどのような仕事をしているか、これまたさまざまな番組を通して伝えてきました(どちらかと言えば、番組側が進んで密着したようにも思えますが・・・)
今まで、ここまで自分の仕事をおおっぴらにしてきた政治家はいたでしょうか?
ありのままの自分を見せてくれたからこそ、彼は国民から愛される政治家になれたのではないでしょうか

つまり、国民は政治家が具体的に何をしたいかを知りたがっているのです
ニュースなどでよく「警視庁密着24時」など、公務員に密着した特集をやるのに、なぜか政治家ではそれをやってきていませんでした
東国原知事の場合は物珍しさからか、それに近いことをやり、成功したように思えます
というより、あらかさまに感じる隠蔽体質にも国民は憤りを感じています
自分はクリーンな政治家だ、がんばっているんだというのだったら、メディアを通して徹底的にそれを証明してほしいと私は思います

さて、ここからひとつの私なりの結論を出したいと思います
国民に政治に興味を持たせるためには、メディアががんばるべきだと思います
ここまでさまざまなことを言ってきましたが、おそらく国民が政治に興味を持てない最大の理由は難しそうだからだと思います
しかし最初にも言ったとおり、政治は我々の生活に関わることなのですから、難しいわけがないのです
それを難しいと思わせている原因は、ひとつは政治家はエリートばかりということ
エリートばかりなのだから、そこではさぞ難しい話ばかりをしているのだろうという印象が付きまとわってしまったのだと思います
そしてもうひとつが、政治のニュースで難しい言葉が早口で飛び交っていること
分からない話をしているのだから、そりゃ興味が持てるわけがない!
これは明らかにメディアの責任ではないでしょうか

最後に、私の大好きなテレビ番組の話をします
日本テレビ系の「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」、通称「太田総理」です
この番組は、爆笑問題の太田さんが総理大臣に扮して、さまざまなマニフェストを掲げながら、政治家も含めた出演者たちとトークバトルを繰り広げる番組です
取り上げる題材が政治的なものでありながら、太田さんのおもしろおかしくも真面目なトークが非常に分かりやすいです
そのマニフェストも身近なものばかりというのも分かりやすさのひとつです
しかもそこからかなりディープな政治の話に持ってくる場合もあるので、自然と政治に興味が沸いてしまうという不思議な番組です
今回の話からほんの少しでも政治を知ってみようと思った人は、ぜひこの番組を見てみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)