【D-0】デッキ

2007年2月 5日 (月)

緑青「ターボファーザー」

ギガント・フライングフィッシュ(II-2)】×3
センチネル・センチピード(I-4)】×3
ギガント・エイリアン(II-1)】×3
大巨人クレーター・メーカー(I-1)】×1
スキップするフェアリー(II-2)】×3
巨竜城ブラキオ(II-2)】×3
大巨人ゴッドファーザー(I-2)】×3
魔王の三角海域(II-2)】×3
底なしの大地(II-2)】×3
大地の塔(I-1)】×3
バードマン・ソウル(I-2)】×3
小さくて大きな力(I-3)】×3
魔光合成(II-2)】×3
生命の門(I-1)】×3

今回はめずらしくまともな(?)デッキの紹介です
今回のエキスパンションで優秀なエネルギー加速が多数登場しました
中でも【魔光合成(II-2)】【ギガント・フライングフィッシュ(II-2)】【スキップするフェアリー(II-2)】は特に強力と言えます
このデッキはそんなエネルギー加速カードをふんだんに使って、いち早く【大巨人ゴッドファーザー(I-2)】を出そうというデッキです

まず1ターン目では【魔王の三角海域(II-2)】か【底なしの大地(II-2)】をプレイして、次のターンの【魔光合成(II-2)】や【ギガント・フライングフィッシュ(II-2)】に備えます
2ターン目でエネルギー加速に成功すると、3ターン目で4エネルギーあるので、【大地の塔(I-1)】をプレイします
そして4ターン目では5エネルギーあるので、【スキップするフェアリー(II-2)】を【大地の塔(I-1)】のラインに中央投下します
すると5ターン目で9エネルギーあるので、【生命の門(I-1)】から【大巨人ゴッドファーザー(I-2)】が出せます

強力無比のファーザーゲートコンボが、なんと5ターン目で起動できてしまいました!
今まででは考えられない早さです
この時点で出てきた【ギガント・エイリアン(II-1)】とか対処のしようがないですよね
しかも【大巨人ゴッドファーザー(I-2)】ともども【大地の塔(I-1)】ラインに出していたら、倒しても倒しても出てくるという恐ろしい事態に・・・
とにかく、一度試してみてください!

しかし【大巨人ゴッドファーザー(I-2)】の相方は、必ずしも【ギガント・エイリアン(II-1)】でなければいけないというわけではありません
【時空を歪める者シュレーゲル(II-1)】や【カオスヘッド・ドラゴン(II-1)】などでもいいんです
実はエネルギー加速コンボ自体はほとんど緑のみでできてしまうからです
その中でも青を選んだのは、【ギガント・フライングフィッシュ(II-2)】のエネルギー加速要因の存在、【バードマン・ソウル(I-2)】を無駄にしない構成、【ギガント・エイリアン(II-1)】の汎用性からです
しかし考えようによっては、黒で【幻影王ルドルフ(I-2)】とでおなじみ「ゴッドルドルフ」にしたり、赤で【マッドレース・サーキット(II-1)】によるコンボを狙うのもアリアリでしょう
おそらく「ファーザーゲート」系はグランプリでも出てくると思われるので、今から注意しておいたほうがよさそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

緑単「新生アメーバは気持ち悪いくらい大きくなります」デッキ

変幻獣バブルバガー(II-2)】×16
大巨人クレーター・メーカー(I-1)】×1
変幻獣バブルツリー(I-2)】×3
変幻獣バブルライカン(I-4)】×3
カオスビースト・ナインテイル(I-4)】×1
変幻獣バブルドリアード(II-1)】×3
シークレット・ベース(II-1)】×2
大地の塔(I-1)】×2
バードマン・ソウル(I-2)】×3
バーサーカー・ドラッグ(I-4)】×3
幸せはすぐ近くにある(II-1)】×1
生命の門(I-1)】×2

前回の新生青団結に引き続き、今回は新生緑団結です
変幻獣バブルフェアリー(I-2)】はエネルギー加速に長けていたものの、単体でのパワーは非常に低いものでした
しかし【変幻獣バブルバガー(II-2)】はパワーがぐっと上がったので、単体でもそれなりに戦えるくらいになりました
それでもやはりアメーバであることには変わりないので、さらにパワーを強化できます
変幻獣バブルライカン(I-4)】出てるだけでパワー8000がぽこぽこ出てくるんですよ、あなた!
その分【変幻獣バブルライカン(I-4)】で安定しにくくなってしまいましたが、それは他のカードにお任せすることにしました
というよりも、【変幻獣バブルフェアリー(I-2)】の時のように「エネルギー増やせばいい」という戦い方とは異なるので、【変幻獣バブルライカン(I-4)】に依存しなくてもなんとか戦うことができます
また【変幻獣バブルフェアリー(I-2)】の時との違いのひとつに、移動コストの高さがあります
なのでタッチ程度でエネルギー破壊も採用して、動きを少し遅めにしてあります
速度は前回よりも落ちましたが、安定度は強化されたかたちとなりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

青単「いつかライダーになることを夢見る戦闘員」デッキ

すべてのカードの考察が終わったので、発売前に公約していたことのひとつをまず消化します
タイトルでもなんとなく分かるように、青の新団結である【カニソルジャー(II-2)】を使ったデッキです

カニソルジャー(II-2)】×13
細波の入江の魔女(I-1)】×3
エビショーグン(I-4)】×3
エビジョッキー(II-1)】×3
サンダーブル(II-2)】×3
エビライダー(I-2)】×3
海底都市アトランティス(II-1)】×3
バードマン・ソウル(I-2)】×3
タートルシップ・ソウル(II-2)】×3
欲望の連鎖(I-4)】×3

簡単に言うと、【エビシーフ(I-2)】を【カニソルジャー(II-2)】に変えたデッキです
しかしそのまま変えただけでは【エビショーグン(I-4)】の能力起動が難しくなるので、ドローソースに変化を加えてみました
サンダーブル(II-2)】は、プランジャーは現環境では70%ほどの確立で入っているため、勝手に手札を増やしてくれる要因であるとともに、優秀なバウンサーとして活躍します
起動コストが重いですが、【カニソルジャー(II-2)】は移動コストがないようなものなので、守りながら攻めることも容易です
また【欲望の連鎖(I-4)】を採用したのは、プランからなら手札が+2されるからです
エネルギーはなるべく【サンダーブル(II-2)】などにまわしたい為、【益々繁盛(II-1)】ではなくこちらを採用しました
手札にきたら即エネルギーにしてしまいましょう
細波の入江の魔女(I-1)】は【カニソルジャー(II-2)】の移動コストの軽さを生かしての投入です
戦闘員らしく、何も考えずに進みましょう!
エビライダー(I-2)】は今回は完全なラッキーカードです
カニの皆さん、憧れのライダーになれるようにがんばってください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

白赤「衝撃のバーンデッキ」

さて、前回言い訳したところで、今回はD-0の常識を根底から覆せるかもしれない?デッキの紹介です
今回のデッキは、ある思いつきで生まれました

 D-0でバーンデッキって、できないかな

そもそもバーンデッキとは何か?
バーンデッキとは、戦闘以外の方法で相手にダメージを与えて勝つデッキです
もともとはMtG用語で、赤のダメージ呪文を積みまくったデッキを指します
赤の色のイメージやカード名などから「Burn:燃く」という名のデッキとなったと言われています

では、D-0における「ダメージ」とは何か?
これはもちろんスマッシュですよね
つまり、D-0におけるバーンデッキとは、スマッシュフェイズ以外でスマッシュを与えて勝つデッキということになります
では、デッキレシピをどうぞ

「水晶砦の魔女」3
「犬闘士チワワ」2
「花束を捧げる乙女」3
「ステルス・スナイパー」3
「シャイニングテイル・ドラゴン」3
「満ちる潮シララエピス」3
「決意のジェミニ」3
「メテオブリンガー・ドラゴン」2
「魔甲トレイン天龍」3
「歴戦の城砦」3
「ガーディアン・ソウル」3
「天国の門」2
「バードマン・ソウル」3
「全軍突撃」2
「ドラゴン・スクリーム」2

コンセプト通り、バーンカード満載に仕上げてみました
このデッキを使用する上で、注意点があります

 スマッシュしてはいけません!

能力のみでスマッシュを与えてください

≪覚えておきたいコンボ≫
 「魔甲トレイン天龍×2
「魔甲トレイン天龍」は、他のジャガーノートをフリーズすると移動できる能力を持っています
ということは、魔甲トレイン天龍」が2枚出ていると、互いの能力で無限に移動できるのです
ここに「全軍突撃」を加えると、パワー+5000しながら駆け回ってくれます
このデッキの必殺コンボなので、ぜひ狙ってみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

青系「流れ着くでかいの」

最近、流氷の大陸」を利用して「ギガント・エイリアン」などを送り込むデッキが流行っています
「ギガント・エイリアン」「時空を歪める者シュレーゲル」カオスヘッド・ドラゴン大巨人ヘカトンケイル」は中央、敵軍エリアに置かれることで効果が発動します
これを「流氷の大陸」で直接送り込むことで、展開&攻め&除去を一度にこなすという、まさに一石三鳥の戦術を可能にしています
「水底の歌劇場」でも可能ですが、全体的に重い構成になってしまうため、軽い「流氷の大陸」を採用するケースが多いようです
またユニットのプレイコストを無色にしてくれるのも理由のひとつでしょう
これにより、ギガント・エイリアン」以外のユニットも入れやすくなって、青に枚数を割く事ができます
それでは、DPAから引用した3つのデッキを例に解説していきましょう

「イビルアイ・ドライバー」3
「ギガンティック・スカルドラゴン」1
「時空を歪める者シュレーゲル」3
「粉雪の魔氷パウダースノー」3
「濃霧の魔氷フォッグ」3
「サンダージャッカル」3
「センチネル・センチピード」3
「ギガント・エイリアン」3
「流氷の大陸」3
「失恋の痛み」3
「呪われた手紙」3
「真夜中のダンスパーティー」3
「バードマン・ソウル」3
「サイバー・チェイス」3
                   堀越亘さん(イエローサブマリン ハイパーアリーナ)

我らが絶対領域代表、わたる氏のデッキです
こちらは黒を選択し、除去能力を最大限に上げています
序盤は「粉雪の魔氷パウダースノー」「濃霧の魔氷フォッグ」で、中盤は「イビルアイ・ドライバー」や「センチネル・センチピード」で、終盤は「時空を歪める者シュレーゲル」や「ギガント・エイリアン」でと、除去満載です
また「サンダージャッカル」で戦闘回避しつつ、ギガント・エイリアン」などの効果を誘発させる機関も忘れてはなりません
一度大きいのが出てしまえばめっぽう強いですが、対策されているとはいえウィニーなどには苦戦しそうです
また、最近復活してきたゴッドルドルフも苦しいかと思います
それでもやはり、その除去能力の高さと破壊力は魅力的ですね

「イビルアイ・ドライバー」3
「ギガンティック・スカルドラゴン」1
「幻影王ルドルフ」3
「時空を歪める者シュレーゲル」3
「粉雪の魔氷パウダースノー」3
「センチネル・センチピード」3
「ギガント・エイリアン」3
「花束を捧げる乙女」3
「流氷の大陸」3
「失恋の痛み」3
「真夜中のダンスパーティー」3
「バードマン・ソウル」3
「欲望の連鎖」3
「サイバー・チェイス」3
                   木下智哉さん(J00034 進藤欣也主催)

毎回激戦が繰り広げられる、進藤ジャッジ主催の予選を突破した、日本選手権第2位の木下さんのデッキです
こちらもわたる氏と同じ黒を選択していますが、「幻影王ルドルフ」と「花束を捧げる乙女」が採用されているのが大きな違いです
「幻影王ルドルフ」の採用により、展開力が強化されています
なにより注目なのが、花束を捧げる乙女」の採用でしょう
これにより、ベース対策&スマッシュ回復が可能になり、汎用性が上がっています
そしてなんと、白のカードはこの3枚しか入っていないのです
でもこれって、意味があるのか、ちゃんと出せるのか?
ここで「流氷の大陸」の出番なのです!
前述のとおり、流氷の大陸」ならばユニットが無色で出せるようになります
こうすれば、白エネルギーがなくても「花束を捧げる乙女」が出せるのです
さらに「オーロラ・ウォール」があるラインでも、流氷の大陸」によって「花束を捧げる乙女」をプランから出すことができるのも強みでしょう
わたる氏以上にウィニーには対抗しにくいでしょうが、そこはメタ読みというところでしょうか
さすが日本2位という構築ですね

「ステルス・スナイパー」3
「カオスヘッド・ドラゴン」2
「粉雪の魔氷パウダースノー」3
「濃霧の魔氷フォッグ」2
「サンダージャッカル」1
「センチネル・センチピード」3
「サンダーエッグ」1
「真空の魔氷バキューム」1
「ギガント・エイリアン」3
「ドラゴンの洞窟」2
「流氷の大陸」3
「真昼の決闘」3
「絨毯爆撃」2
「メガトン・パンチ」3
「バードマン・ソウル」3
「欲望の連鎖」3
「サイバー・チェイス」2
                   岡村健太郎さん(ゲーマーズ本店・カードキングダム秋葉原店)

最近業態が変更した、ゲーマーズ本店ことカードキングダム秋葉原店を制した、岡村さんのデッキです
こちらは前述2人と違い、赤を選択しています
これにより、確定した除去はできにくくなっていますが、汎用性は上がっています
特に「カオスヘッド・ドラゴン」は、最近流行のゴッドルドルフや、いまだに根強い人気のひっき~ず達の対策として最高の役割を果たしてくれます
その分、自分も被害にあわないようにするプレイングも必要となります
またもうひとつの効果である、6000ダメージを与える効果も、ちょうど「幻影王ルドルフ」や「大巨人ゴッドファーザー」を倒せたりと強力です
さらに両方の効果を合わせることで、墓地効果ユニットを除去しつつ除外することも可能です
黒と比べて、墓地効果ユニット&ゴッドルドルフを強く意識したかたちになっています
その分、パワーの大きいユニットを中心に攻めてこられると厳しいかと思います
研究し続ければさらに強くできそうですが、逆を言えば発展途上の段階で優勝できてしまったのだから、このデッキのポテンシャルの高さが並ではないことの証明ではないでしょうか
ちなみに、「サンダーエッグ」を採用しているのは「サンダージャッカル」がなかったからかと思われます

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年11月30日 (木)

緑単「巨大なる美樹本氏とお姫様」

相変わらず団結です
今回は、RADIO_ZEROSTARTさんで放送されていたネタから生まれた泡デッキです

「変幻獣バブルフェアリー」17
「変幻獣バブルツリー」3
「変幻獣バブルライカン」3
「ヒメチシオ・ドリアード」3
「ロスト・ワールド」2
「シークレット・ベース」2
「小さくて大きな力」3
「バーサーカー・ドラッグ」2
「生命の門」2
「バードマン・ソウル」3

基本は以前と変わりませんが、エネルギーブーストの方法がひとつ増えました
それが「シークレット・ベース」なのです
「シークレット・ベース」が機能しているときにプランから「変幻獣バブルフェアリー」を中央投下すれば、手札を使わずに次々とエネルギーブーストすることができます
ベースはこれ以外にも「ロスト・ワールド」があるので、よっぽどのことがないかぎり作用してくれます
こんな強引な方法をとっても、ちゃんと「ヒメチシオ・ドリアード」というフィニッシャーが用意されているので、無駄にはなりません
単体で軽くパワー10000超える、とんでもない存在です
「超高速バイオコンピューター」を抜いた分、平均パワーは下がってしまいましたが、安定度は増したと思います

≪詳しい動かし方≫
 1ターン目:「バードマン・ソウル」を期待してプラン作成
 2ターン目:手札にベースがあればプレイ。この時、「ロスト・ワールド」はかならず中央ラインにプレイすること。「シークレット・ベース」をプレイする場合も、それを意識しておくこと
 3ターン目:とりあえずプランを作成。「バードマン・ソウル」やベースなら問題なくプレイ。手札にベースがあればプレイ。それ以外でプランに「変幻獣バブルフェアリー」か「変幻獣バブルツリー」があるなら手札から「変幻獣バブルフェアリー」を中央投下
 4ターン目~:「シークレット・ベース」が作用しているなら、プランから「変幻獣バブルフェアリー」を中央投下してエネルギーに。そうでなければ、プランゾーン効果を使ってエネルギーブーストをしてゆく。手札の「変幻獣バブルフェアリー」が尽きたら、プランからユニットを展開してデッキを回転させる
 以降:「ヒメチシオ・ドリアード」と「変幻獣バブルライカン」でパワーの上がった「変幻獣バブルフェアリー」などで攻めてゆく。あとは特に難しい動きはない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

緑黒「とらいあんぐるハート」

注)デッキ名は個人的趣味です

「イビルアイ・ドライバー」
「クライング・パペット」
「バンブー・ベイビー」
「幻惑のフェアリー」
「大巨人クレーター・メーカー」
「バタフライマスター」
「象砲手バルカン」
「蜘蛛の巣をまとうフェアリー」
「カオスビースト・ゲンブ」
「ヤマブシ・ドリアード」
「戦虎タイガーアイ」
「ブラック・ホール」
「失恋の痛み」
「冥界の門」
「小さくて大きな力」

実は、隊列トライアングルって意外と成功するんじゃないか。そんな考えから生まれたのが、このデッキです
トライアングルを成功させる上で最も大事なのが、敵軍エリアまで進軍できるユニット。確実なのが「オーロラ・ウォール」「ハウンド・ファクトリー」で移動のタイミングで相手ユニットをプレイできなくするか、生存率の高い「加速」を持つユニット。普通に戦えることを考えると、トライアングルの特性を考えて、その役目を「ヤマブシ・ドリアード」に任せることにしました
基本戦法は、両端に「呼び声」ユニットを配置して、中央に「ヤマブシ・ドリアード」を出すための補助をしてもらいます。さらに生存率を高めるために「ブラック・ホール」も採用しています
黒のユニットが少ないため、緑の呼び声ユニットを両方とも採用しました。これで緑の大型ユニットを使いやすくしています
「犬闘士チワワ」を意識して、ストラテジーは最低限しか採用していません。そのため「バタフライマスター」も2枚だけ採用しています
「妖魔の勇者」を採用しなかったのは、それを配置すべき位置がまさに「クライング・パペット」を出す位置だからです
まだ実践では投入したことないので、いろいろ内容変更するかもしれません。その時にはお知らせいたします

≪詳しい動かし方≫
1ターン目:なにもせずにエンド
2ターン目:失恋の痛み」は二の次。「呼び声」ユニットを最優先でプレイ。ただし手札に「バタフライマスター」があったら、失恋の痛み」の方を優先
3ターン目:墓地にストラテジーがあったら「バタフライマスター」をプレイ。ブラック・ホール」があればプレイ。呼び声ユニットがいれば「象砲手バルカン」をプレイ。どれでもなければプランを作成。この時、プランからプレイするものがなく手札に呼び声ユニットがあればそれをプレイ(先に書いたものを優先する)
4ターン目~:以降はトライアングルを目指したプレイングをする。つまり、5コスト以上の緑大型ユニットを中央ラインに配置して進軍してゆく。敵軍エリアまで来てしまえばこっちのもの。隊列さえ組めてしまえば、もうトライアングルを止める術はない。隊列を崩されそうになったら「クライング・パペット」をプレイすればいいだけなのだから(理由は後術で)

≪知っておきたいルール≫
もし隊列召喚でユニットをプレイした時に、その隊列を乱されたら?
例えばストレートで左のユニットが倒されたら
でもこれ、プレイは無効にならないんです
なぜなら、隊列召喚はプレイルールを変える効果だからです
ある意味「召集」と同じで、あれも召集でユニットをプレイするのにスタックして召集元を消しても、ユニットのプレイ自体は無効にならず、それが元々中央エリアや敵軍エリアでもスクエアに残ります(ただしこの場合はリリース状態にはなりません)
前述の「陣形が組めればこっちのもの」というのは、こういう意味だったのです

≪覚えておきたいコンボ≫
今回は特になし
むしろ、隊列召喚自体がある意味コンボです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

本気でメタゲームを語る

・4色プラン
まだまだ健在
「犬闘士チワワ」や「サイバー・チェイス」を手に入れたことにより、さらに強くなったといえる
とはいえ自分も「犬闘士チワワ」の影響をもろに受けてしまうことを忘れてはならない
とりあえず、今グランプリでは警戒止まりのようなので、十分上位に食い込んでくるであろう

・緑白
バツグンのパワーを誇る緑であるが、ストラテジーによるカバーでパワーを逆転されたり無視されてりしがちであった
しかし「犬闘士チワワ」でその可能性がぐっと下がり、自分のペースで安定して戦えるようになった
さらに「妖魔の勇者」のおかげで、苦手な速攻タイプにも対抗できるようになった
今回もっとも注目すべきデッキであろう

・黒単
今回も健在
「犬闘士チワワ」の登場により、ストラテジーによる対応がしにくくなってしまった現環境
そこでユニットによる除去の出来る黒が上がってくるのは、当然といえば当然だったのかもしれない
特に遠距離からロックハウンドを倒せる「夢見る人形エリザベス」の存在は大きいといえる
さらにプランデッキに強いと言われてきた「全知の魔鏡」や、「サウンドマスター・エンジェル」を避けてハンデスできる「失恋の痛み」と、対応力の高さはまだまだ高い
今回最もパワーアップの見られない色であるが、総合力ではまだ高みにいるといえる

・青系流氷
限定構築で多く見られたタイプ
だいたいが「流氷の大陸」から「ギガント・エイリアン」を出して、攻めと守りを同時に狙うタイプが多かった
また「サンダージャッカル」による緊急回避も強力。さらに「ギガント・エイリアン」とのシナジーも高い
通常構築では緑との組み合わせが見られる
「バードマン・ソウル」や「サイバー・チェイス」を使って「バタフライマスター」でエネにするパターンが強力であり、「妖魔の勇者」を「サンダージャッカル」でうろうろさせる戦術が鬼
コンバットトリックができるようになったため、「水底の歌劇場」よりも軽い「流氷の大陸」を採用するケースの方が多いようだ
グランプリ1からワンパターンだった緑青に、新しいタイプが登場したといえる

・アメーバ
なんか、変に流行ってるっぽい
やはり脅威のエネ加速と、パンプ能力は魅力的
今回、「変幻獣バブルドリアード」というさらなるパンパーが登場したので、さらにおかしなサイズが見られるようになった
安定度が高いことも魅力のひとつ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年11月12日 (日)

隊列召喚

まぢ楽しい

というか、最近ちまたで流行ってるらしい
警戒しないと、かなりやばそう

 対ストレート
左右にユニットが並ばなければ成立しない
なので、左右どちらかにユニットが進んで、なおかつもう片方のユニットの移動コスト+3コスト(隊列召喚コスト)が確保されてるようなら、並ぶ前に前に出ているほうのユニットを意地でも潰す

 対トライアングル
中央ラインのユニットが、さも不用意に飛び込んできたら注意。こちらの隊列召喚コストは1なので、多少無理しても成立してしまう。自軍エリアに進んできそうだったら、そこにスタックして、なんとしてでも進軍を阻止すべし

 対エックス
まず来ない。しかし白緑で「オーロラ・ウォール」&「ハウンド・ファクトリー」でロックをかけてきたら注意したほうがよい

 全般
必ず迎撃用のカードを常に握っておくこと。具体的に言うと、白なら「グレン・リベット」、青なら「粉雪の魔氷パウダースノー」、黒なら「殺意の魔煙キラー」、赤なら「トロール流砲撃術」、緑なら「カオスビースト・スキュラ」あたり。また黒なら「絶望の連鎖」なら万能に対応できるので、黒中心のデッキならば2枚くらいは入れておきたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

青白「セクシーセイレーン外伝すごいよ!牧場さん」デッキ

前回のアレ、ゆうきぽんさんにばれましたw

「粉雪の魔氷パウダースノー」
「細波の入江の魔女」
「海底牧場の魔女」
「銀砂の魔女」
「センチネル・センチピード」
「真空の魔氷バキューム」
「流氷の大陸」
「バードマン・ソウル」
「欲望の連鎖」
「サイバー・チェイス」
「水晶砦の魔女」
「花束を捧げる乙女」
「聖母宮の魔女」
「白き聖王の門」

今回新登場した能力「呼声」。これをもつユニットは、アンコモンとレアにあります。しかし、その違いは色と能力の指定先だけです。では、このレアリティの違いはなんなのでしょう
答えは一つ。「シナジー」です。「シナジー」というのは、他のカードの相性のこと。これが高いというのは、コンボの種類が多かったり、強かったりすることなのです
レアの「呼声」を持つユニットの種族は「セイレーン」と「コロボックル」と「フェアリー」。いずれも種族デッキでは強い部類に入る種族ばかりです。ただでさえ強力な種族デッキがさらに強化される、だからこそのレアなのでしょう

今回のデッキは、その中で「セイレーン」に注目したデッキ
セイレーンデッキでは、「水晶砦の魔女」「聖母宮の魔女」が出ているだけで、手札やプランのセイレーンが「レインボー・ソウル」のような働きをします。ユニットを展開しながらユニット強化ができる。これほど理想的なデッキはそうそうないでしょう
しかし、全体的に重いため、動かしにくいのが弱点でした。またクイックタイミングの強化なので、対処されやすいのも欠点でした。後者は未だ改善されませんでしたが、前者は大幅に改善されました。それが「海底牧場の魔女」なのです
前弾でもセイレーンデッキは強いと言われていました。それは「金砂の魔女」の登場により、聖母宮の魔女」が出しやすくなったからです。それ自体もスマッシュ2あってやっかいなのに、倒すと「聖母宮の魔女」が出てくるかもしれない。さらにいざとなれば中央投下でいきなり「聖母宮の魔女」を出すこともできます。しかしやはり「金砂の魔女」自体も重く、コントロールやウィニーが流行った前環境では取り残されてしまいました
今環境では、「呼声」が登場したことにより、多少重いユニットであっても強引に出すことができるようになりました。また「犬闘士チワワ」の登場により、3コスト以下のストラテジーが積極的に採用されることは少なくなると思われます。よって、平均デッキ速度は前環境よりも遅くなると思われます。そうなると、「呼声」によってデッキ速度の上がったセイレーンデッキも考慮の余地に入るのではないでしょうか
そして、なぜ「海底牧場の魔女」なのか。それは、他の呼声ユニットと違い、後半に引いてもおいしいからです。通常、呼声は擬似エネルギー加速として用いられるため、後半に引いてもあまりうれしくありません。しかし「海底牧場の魔女」に関してだけは、前述どおり「水晶砦の魔女」がいれば「レインボー・ソウル」に化けます。たった2エネの強化要因。カウンターに使用した後は攻めるもよし、他のユニットのプレイや移動の補助にするもよし。骨の髄まで味わえるような活躍ができます
また、白き聖王の門」により強引な攻めも可能になりました。今までは中央エリアに相手の大型ユニットが居座られていると、クイックタイミングでしか強化できないセイレーンの弱点が露呈されてしまいました。しかし「白き聖王の門」で強化しながらユニットが出せるようになったので、ある程度のパワーのハンデは補えるようになりました

≪詳しいデッキの動かし方≫
 1ターン目:バードマン・ソウル」を期待してプラン
 2ターン目:手札に「海底牧場の魔女」があれば、最優先でプレイ。それがなく「サイバー・チェイス」があれば、自分のターン内に使用。その中に「バードマン・ソウル」があれば上から2番目に、センチネル・センチピード」「花束を捧げる乙女」があれば3番目に置きます。こうすれば次のターンのプランでこれらが出てくるので、そのまま更新して墓地に落とすことができるからです
 3~8ターン目:プランからユニットを展開してゆきます。基本的に手札のセイレーンはカウンター用に残しておきましょう
また、相手が呼声ユニットを出してきたら、相手ターンでその目の前に「粉雪の魔氷パウダースノー」を出して倒しに行きましょう。自分のターン終了時には戻る効果は、こういう時に役に立つわけです。ただしスマッシュは入れないこと。ここでのスマッシュはエネルギー加速させてしまうようなものです
 9ターン目~:そろそろユニットを移動して攻めに行きましょう。ただし、手札かスクエアに「水晶砦の魔女」「聖母宮の魔女」がいないときは、これらを待ちましょう。強化要因がいない時に、うかつに前に出ないこと

≪覚えておきたいコンボ≫
 「水晶砦の魔女「聖母宮の魔女」「銀砂の魔女」
「銀砂の魔女」はスクエアから墓地に置かれると、手札かプランからユニットを出すことができます
「水晶砦の魔女」「聖母宮の魔女」が出ている時に「銀砂の魔女」を中央投下して、その効果でさらにセイレーンを出すと、なんと「水晶砦の魔女聖母宮の魔女)の効果が2回分誘発することになります。ここで「水晶砦の魔女」を出せれば、もともとの「水晶砦の魔女」の分とあわせて6000もパワーをあげることができます
実は、ここでも「銀砂の魔女」の効果で出せる「海底牧場の魔女」が光ってくることに注目してください
 「水晶砦の魔女聖母宮の魔女)+「真空の魔氷バキューム」
「真空の魔氷バキューム」は手札からプレイすると、自分のユニットを手札に戻さなければなりません
しかしここで「水晶砦の魔女」を手札に戻してまたスクエアに出せば、また効果を使うことができます。これは他に出ているセイレーンでも可能です
パワー7000という強力なユニットを出しつつ強化要員を確保する。セイレーンデッキにとって、必須テクニックといえるでしょう

ちなみに、これに「チェリーロイヤル」あたりを入れてターパン牧場とか言いたかったのはナイショ

| | コメント (0) | トラックバック (0)